トップ  > 会社ブログ  > 家電100年

家電100年

今年は明治150年!
試験勉強で、明治維新の年号を『1868(いっぱろっぱ)』と唱えて、暗記していませんでしたか?
1868+150=2018、ほら、今年は明治150年でしょ。
でも、明治150年って、国もマスコミもSNSもあまり取り上げておらず、イマイチ盛り上がっていませんね。
やっぱり、キリのいい数字じゃないからでしょうか・・・。

キリのいい数字=100と言えば、今年は『家電100年』
パナソニック(旧:松下電器)が創業してから100年の年です。
今年になって、朝日新聞、産経新聞、週間ダイヤモンドなどいろんなメディアで、特集が組まれました。
商売の天才:松下幸之助氏が初めて考案した『二股ソケット』を皮切りに、日本の家電メーカーは人々(特に女性の皆さん!)の暮らしを便利で豊かにする家電製品を次々に生み出して来ました。

その後、ソニー、シャープ、東芝、日立、三洋電機などが続き、音響関係ではビクター、ケンウッド(創業時:トリオ)、パイオニア、デンオン、などのユニークなメーカーも誕生。
それぞれの家電メーカー、音響メーカーがアイデアと技術を競っていました。
素晴らしい100年だったと思います。
家電メーカーの経営者の皆様、そしてその従業員、技術者の皆様には感謝と尊敬の想いで一杯です。

さて、家電の歴史は次の100年に向かってまた新たな挑戦を始めています。
家電製品単体ではなく、IOT、HEMS、などに代表されるように、システム全体が連携し、省エネと新しい利便性が生まれて来ています。
当社、福岡電気設備プランニング合同会社も、皆様の暮らしがもっと便利に、もっと楽しく豊かなものになるよう、微力ながら努めてまいります。

では、パナソニック公式ホームページから、引用させて頂きます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

創業者・松下幸之助の思いを未来に伝承する『パナソニック ミュージアム』が2018年3月7日(水)オープン、3月9日(金)より一般公開!


パナソニック株式会社は、地域や社会の皆様への感謝の思いを込めて、『パナソニック ミュージアム』(門真市大字門真1006番地)を、1918年3月7日の創業の日から100周年を迎える2018年3月7日(水)にオープン、開所式を行い、3月9日(金)より一般公開します。

『パナソニック ミュージアム』は、パナソニック創業者・松下幸之助の経営観、人生観に触れられる「松下幸之助歴史館」と、パナソニックのものづくりのDNAを探る「ものづくりイズム館」、2006年にオープンした「さくら広場」で構成され、広く一般の皆様に開かれた施設となります。

また同施設では、次代を担う子どもたちが松下幸之助の行き方・考え方を学び、ものづくりの面白さに触れる校外学習向けプログラムや、一般のお客様向けのさまざまなワークショップなどのイベントを開催します。

一般公開に向けてのお知らせやイベント開催内容は、2018年1月15日(月)公開予定の『パナソニック ミュージアム』サイトに掲載します。イベント参加の予約受付は同サイトにて2018年2月1日(木)より開始予定です。

▼『パナソニック ミュージアム』サイト
https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/

『パナソニック ミュージアム』は、松下幸之助が追い求め続けた、より良いくらし、より良い社会の実現への高い志、それを受け継いだ後進の熱き思いとともに、経営理念、事業観の継承活動の展開を通じて、「A Better Life, A Better World」の実現に貢献していきます。

【お客様 お問い合わせ先】
パナソニック ミュージアム
TEL: 06-6906-0106(受付時間 9時00分~17時00分)

開館時間:9時00分~17時00分 休館日:日曜日、年末年始
住所:〒571-8501 門真市大字門真1006番地
アクセス:https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

福岡電気設備プランニング合同会社

〒 814ー0104 福岡市城南区別府1丁目22-17-305
TEL:090-4481-0019

お問合せ

福岡電気設備プランニング合同会社

〒 814-0104

福岡市城南区別府1丁目22-17-305

TEL:090-4481-0019

ソーラーハウス
エコロジーイメージ写真②